困った時に必要なのは 公助 自助 共助

助けると文字が使用される言葉として、公助、共助、自助の3種類がある。

seesaa22.jpg

公助について
公助は眞に今コロナ対策で実施されている各種給付金や助成きんです。
国が困窮した国民を助けるという意味です。

以下、新型コロナウイルス感染症関連の支援策一部

持続化給付金
給付額:中小企業には200万円、個人事業主には万円給付する


雇用調整助成金
休業手当などが助成対象
1日1人当たり8,330円を上限→15,000円に修正


新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金
1日1人当たり8,330円を上限→15,000円に修正

特別定額給付金
給付対象者1人につき10万円

その他


自助について
自らの生命や財産は自らで守るということです。


共助について
町内会や学校区くらいの顔の見える範囲内におけるコミュニティでに力を合わせて助け合うことです。


特に共助の原点
日本では福沢諭吉が紹介したことによって、保険の歴史がスタートしました。

中世ヨーロッパで同業者組合である「ギルド」において、ケガや病気で働けなくなった人や残された遺族を助けるためにはじまったともいわれています。

これが保険のはじまりです。

明治14年(1881年)に福沢諭吉の門下生である阿部泰蔵(あべたいぞう)が日本初となる生命保険会社を設立しました。
設立した生命保険会社は後の「明治生命」となります。

その際に理念は「ギルド」の精神を受け継がれた、弱い者同士がお金を持ち寄り、残された遺族を助けることが目的でした。
これが共助の原点といっても良いでしょう。

ただ、生・損保会社はやや理念から外れているように思えます。

その原点を守り続けているのは、協同組合ではないでしょうか?
JA共済、こくみん共済、労働金庫、県民共済、漁業共済等々があります。


ケフトルアミノシャンプー

「ケフトル」は薄毛・抜け毛の方の為のヘアケアシリーズを展開して25年、延購入本数500万本を突破した大人気スカルプケアシリーズです。


おめがさんは「考える力」をサポート

オメガ3脂肪酸の1日の推奨摂取量は1000μgとされていますが、現在に日本人にとって、普段の食事で補うのはなかなか難しいのが現実です。
40代以降で物忘れ、認知症、血流改善などのお悩みに 是非おススメです。


卵のキユーピーの自信作【卵黄コリン】

レシチンは、卵黄と脳から初めて抽出され、ギリシャ語のLekitos(卵黄)という言葉にちなんでLecithinと名付けられました。
体内ではあらゆる細胞の膜に含まれていて、重要な働きをします。


知的ケア サプリメント 健康の願い

65歳以上の25%が認知の低下がみられ、その要因はプラズマローゲンの減少!
知的 サプリメント 健康であり続けたい願いを 叶えます。


うっかり、ぼんやりは認知症の前触れ!

認知症の代表的なアルツハイマー型認知症の発症にはこれまで加齢や遺伝が関係し、それに加えて、糖尿病や高血圧などの方もなりやすいことが科学的に証明されました。




この記事へのコメント