定年後の第二の人生の生きがい

line-green.jpg

定年後の過ごし方について、
不安を解消してポジティブな老後!
line-green.jpg


seesaa224.jpg
日本人の平均寿命は男性81.41歳、女性は87.45歳(2020年朝日新聞発表)となり、将来的に100歳まで生きる人は2人に1人の割合になるだろうとも予測されています。

まさに「人生100年時代」とも言える今、定年退職した後の時間の使い方や過ごし方はどう選んだらいいのか迷いますよね。


そこで、オススメの定年退職後の過ごし方とともに、充実したセカンドライフの実現のため情報をご紹介します。


すでに定年退職を迎えて老後を過ごしているシニア世代の現在の心境や状況もご紹介しますので、ご本の場合、ご両親へのアドバイスに、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。


1.【調査結果】みんなはどう考えている? 定年退職後の過ごし方
定年退職後の過ごし方について、悩んでいるのはあなただけではありません。まずはすでに定年退職を迎えて、セカンドライフを過ごしている方々の心境などからみていきましょう。


1-1.定年退職後も9割の人が働き続けている
すでに定年退職を迎えた60代のシニアの生活状況について調査した結果によると、男女ともに半数以上(男性52.7%、女性66.7%)の人は、定年前に働いていた会社で働く「勤務継続」を選択しています。

退職後に完全に仕事から引退した人は、男性で11.3%、女性が8.3%となっており、ほとんどのシニアは定年後も仕事を続けているのが現状です。

将来的に公的な年金だけで生活するのは不安だと考える人が増えているという現状があることも、仕事を続けるシニアが多い原因になっているようです。

1-2.これからの生活において優先的にお金を使いたいこと(複数回答)
旅行などの趣味 63.6%
パートナーとの絆づくり 51.9%
子供・孫への支援 463%
食事・お酒  35.7%
友人との交流 18.2%
住まい、住環境 16.2%
地域社会とのつながり 12.6%
知識や資格取得 12.0%
金融投資 10.5%
仕事上の付き合い 10.5%
ローン返済 6.4%
寄付・ボランティア6.3%
その他 6.3%

旅行などの趣味やウォーキング、ランニングとアクティブに過ごしたいシニアが多いようです。


1-3.すでに定年退職を迎えた人の心境の側面
すでに、定年退職を迎えた人は日々の生活についてどんな実感を持っているのでしょうか。
シニアライフは、どのような生活か実感を聞いたところ、以下のような結果になっています。
・ハッピーライフである78.9%
・ミゼラブル(不十分の意)ライフである21.1%

ほぼ8割の方は満足しているという回答でした。

一方で、こんな調査結果もあります。
内 閣 府 発 表
「高齢者の日常生活に関する意識調査」
「不安に感じる点はどのようなことですか。(複数回答)
・自分や配偶者の健康や病気のこと 77.8%
・自分や配偶者に介護が必要な状態になること 52.8%
・生活のための収入のこと 33.2%
・子どもや孫などの将来33.2%
・頼れる人がいない、一人暮らしになること 19.1%
・社会の仕組み(法律、社会保障・金融制度)変化 13.7%
・家業、家屋、土地・田畑やお墓の管理や相続 0.1%
・親や兄弟などの世話 6.0%
・だまされたり、犯罪に巻き込まれて財産を失う6.0%
・家族との人間関係 5.1%
・言葉、生活様式などの変化3.9%
・人(近隣、親戚、友人、仲間など)とのつきあい3.5%
・その他 0.8%

不安に思っていることの上位は、「健康」と「お金」のこととに関することになりました。

現状の生活にはある程度満足しているけれど、将来的なことを考える体の衰えとお金について不安になるというのがリアルなシニア像と言えるでしょう。

2.オススメの定年退職後の過ごし方
定年退職後は今まで会社に通勤して会社で過ごしていた時間が全て自由に使えるようになります。

ここまで紹介してきた、すでに定年退職した方々の調査結果などを踏まえながら、オススメの定年退職後の過ごし方をご紹介します。

2-1.旅行
定年退職後のシニアを調査した結果で、圧倒的に多いのが「旅行がしたい」という回答です。

すでにシニアライフを満喫している人の多くも圧倒的に旅行に費用を使っていることが調査結果からわかっています。

・2018年1年でシニアが「旅行」に使った金額の平均は25.6万円
出典:大和ネクスト銀行「“2018年ランキングで見る”シニアライフに見る調査」

国内旅行が主流ですが、思い切って海外旅行に行くシニア夫婦も多くいます。
シニアが行きたい場所は以下のようになっています。

◯シニア世代が旅行で行きたい場所(国内・海外)トップ3

国内:1位=北海道、2位=沖縄、3位=京都
海外:1位=アメリカ、2位=オーストラリア、3位=イタリア

現在はコロナウイルス感染で高齢者の重篤リスクが高いと言われていますが、GOTOキャンペーンも活用して、3密が避けられる旅行も1案かもしれません。

元気なうちにできるだけ旅行がしたいと考えているのであれば、複数の旅行予約サイトからホテル・旅館やエアラインの最安値を見つけ出してくれる「旅行比較サイト」を利用したり、シニア割引などを上手に使ってお得に旅行をしましょう。

参考:オススメの旅行比較サイト
●国内旅行向け



●海外旅行向け

2-2.趣味
たっぷりと使える時間を趣味に使うこともおすすめです。
定年後にやりたいと思っていたことがある方は、思いっきり趣味の時間に没頭してください。
定年前は仕事ひとすじだったのでこれといった趣味がないという方も、まだまだ間に合います。

仮に65歳から始めても20年間以上もあり、かなりの熟練度に達することができます。
練度が増せば指導員になることもあり得て、指導する楽しみも増えます。

興味のあるものは、どんどん体験レッスンしてみましょう。

参考:習い事を探すなら



2-3.ボランティア活動
元気なうちは、年を取っても社会貢献をしたいと考えているシニアは、ボランティア活動をしてみましょう。体力に自信がある方は、マラソン大会などスポーツイベントのサポートスタッフ、子供好き、教えることが得意な方は、子供の見守りボランティアや塾講師などがおすすめです。

そのほか、ボランティアの範囲は幅広く、種類もたくさんありますので、探すのであればまずはお住いの近くの役所などに問い合わせたり、広報などもチェックしてみましょう。

以下のようなボランティアが探せる情報サイトを利用するのもおすすめです。

2-4.健康維持のための活動
ほとんどのシニア世代は、少しでも長く健康で過ごしたいと考えているはずです。家で一日中テレビを見ているだけで、ほとんど体を動かさない生活をしていると、体力の衰えも加速しますし、認知症のリスクも高まってしまいます。

まずは、近所を数分散歩することからスタートしましょう。
夫婦で揃って、少し遠くの公園を目指して歩いたりするのもいいですね。シューズやウェアを揃えると気分も高まります。

最近ではスポーツクラブやジムもシニア割引がスタートしています。体力がない人でも専門のトレーナーがしっかりついて指導してくれますので、心身の健康維持のためにも定期的に体を動かすようにしましょう。

参考:コナミスポーツクラブ「60歳からの運動スクール」


2-5.働く(再就職する)
1章でご紹介した調査結果からも、定年退職後も再雇用制度を利用して働く60代は男女ともに半数を超えます。
しかし、今のところは再雇用制度の期間に上限を設けている会社が多く、ほとんどの会社では65歳ごろまでしか働けない現状となっています。

再雇用契約期間が終わってからも働きたいのであれば、次の選択肢は別の会社に「再就職」となります。
最近では積極的にシニア採用を考える企業も増加傾向にあります。

正社員よりもパートやアルバイトの募集が多い傾向がありますので、時間帯や曜日など、あなたのライフスタイルに合わせて選びましょう。
参考:

2-6.起業する
定年後は「第二の人生」として、長年温めてきた夢を実現させるために起業を選ぶシニアもいます。
税理士や中小企業診断士等で独立を考えるシニアが多いのですが、士業で開業を考えているのであれば、早めに準備を始めましょう。
士業で開業するために必須の資格は試験の難易度が高いので、生半可な知識では合格することはできず、専門的な知識を身につけるための時間が必要になるからです。

資格がなければ起業ができないわけではありません。
これまで築いたキャリアを元に起業することも十分可能です。
長年続けている趣味があれば、趣味を生かした起業も考えてみましょう。
独立開業にはある程度資金も必要となります。
最近では自治体などで支援事業を行なっていることが多いので、お住いの地域自治体でも起業に関するサポート事業を行なっていないかチェックしてみてください。



3.定年退職後を充実して過ごすために今から備えておくこと
これから定年を迎える方が今から準備をしておくことで、充実した定年後のセカンドライフを過ごすことができるポイントをご紹介します。

3-1.長く続けられそうな趣味を見つけて始める
定年退職すると、今まで会社に拘束されていた時間を、自分が好きなように使えるようになります。1日中テレビを見て過ごすこともできますが、長期間では飽きてしまうかもしれませんね。

定年後に趣味がない場合は、交友範囲や行動範囲が狭くなりがちなので、体力がガクンと落ちたり、認知症発生のリスクが高まるなど、健康面で悪影響が出る可能性があります。

「もういい歳だから」と趣味を始めることをあきらめることはありません。
読書や映画鑑賞、散歩も続けていけば立派な趣味です。心身の健康を保つためにも、趣味を始めてみませんか。

趣味を見つけるために、まずはいろいろなことを楽しむことからスタートしてみましょう。

3-2.セカンドキャリアのための資格取得をする
元気なうちは、働きたいと考えている人も多いはずです。今勤務している会社に再雇用制度がある方は、制度を利用するのがいいでしょう。

会社に再雇用制度がなかったり、再雇用制度を利用しないで別の会社に再就職がしたいと考えているのであれば、資格取得をすることをおすすめします。

資格を取得すれば必ずしも再就職が有利になるわけではありませんが、自分が長年勤めてきた仕事とは違う業種や業界で再スタートを切りたい場合には、資格を持っていることが強みとなるケースは多いからです。

取得する資格によっては、手当が支給されたり独立起業ができるケースもあります。どちらかというと簡易に取得できる資格よりも、国家資格のように取得難易度が高い資格の方が利用価値が高くなります。取得前には、シニアに人気の資格も確認しておきましょう。


参考サイト:ハンドメイドアクセサリーづくり講座

資格講座で不動の人気ランキングTOP3位に入り、『趣味』としても人気の高いこうざです。

『ハンドメイドアクセサリー ホビー講座』は、「ハンドメイドアクセサリーを作ってみたい!楽しみたい!」を実現しました。



3-3.将来のためにお金を貯めておく
人生100年時代、将来的にどれくらいのお金が必要になるのか、どれくらい備えがあればいいか、はっきりと計算することはほとんど不可能です。

しかし、ある程度は予測して、お金を備えておくことは大切です。

支給される年金額も将来的に変動することは大いに考えられます。

また、今は健康でこれといった病気がない方でも、年齢が上がるにつれて体の不具合や健康上の問題などが起こることが多く、医療費がかさむことも予測できます。


参考サイト:無料マネーセミナー  アットセミナー

お金の上手も貯めたい・殖やしたいがよく分からない!お金の知識習得に無料のマネーセミナーです。

老後の不安を払しょくするために、是非ともご受講下さい。




3-4.SNSを活用した友人を作っておく
若い年代とは違い、年齢を経てから友人を作るのは大変だとよく言われます。
しかし、今は昔と違ってインターネットの普及により、SNS等を利用して、友達作ることが簡単にできる時代になっています。

場所や時間にとらわれず、無理をしないで気楽にコミュニケーションができるネットを介した人間関係を作っておくことで、心理的な安心感も得られます。

ネットのSNSの特徴は、リアルタイムでさまざまな口コミ情報を得ることができること。
趣味や旅行の話、写真付きでクスッと笑えるペットの話から、再就職の状況や世界情勢についてまでも知ることができます。
あなた自身がさまざまな情報の発信者となることもできます。

ひとつの方法としてfacebookが手軽です。
facebuukは2019年末時点で、日本のアクティブユーザーは2,600万人。買収したインスタグラムも3,300万人のアクティブユーザーがいます。
名前、住所、学歴、職歴、趣味などを入力すれば、AIが友達を見付けてくれます。

日々有ったことや感動したことなどを投稿すれば“イイネ”や“コメント”が帰ってきますので楽しいですよ!
職歴から判断しして、旧同僚などに出会えることもあります。

また、少し慣れれば、facebook広告の機能を使って、小遣い稼ぎへとチャンスが広がります。

スマートフォーン1つあれば手軽にチャレンジ可能です。


4.まとめ
人生100年時代と言われているように、元気で活動的なシニアが増えたことにより、昔よりも若々しいまま充実したセカンドライフを送って長生きするシニアも増えています。

定年退職後、できるだけ長く健康で過ごしたいと考えているのであれば、早いうちから準備を始めたいですよね。

最後に定年退職後を充実して過ごすために今から備えておくことを復習しておきましょう。
1.長く続けられそうな趣味を見つけて始める
2.セカンドキャリアのための資格取得をする
3.将来のためにお金を貯めておく
4.ゆるく繋がれる友人を作っておく
想定よりも長い期間になることが多いセカンドライフですから、しっかり準備をすることで、安心して定年後を迎えることができるようにしてください。

この記事へのコメント