老後の健康について


老後の健康と老いへの理解

人間も動物も、誰もが避けたいと思っていても避けられないものが「老い」ではないでしょうか。
生き物は誰しも、寿命が来れば自然に死に至ります。

seesaa225.jpg

どんなに健康な人でも、ある日を境に死が身近になることもあります。
老後に入ると誰もが、一日でも長く生きていたいと思うようになるものですが、老いるということはあくまでも自然なことです。

ですが、死ぬ直前かで元気で、自分のことぐらいは自分で出来て、家族に迷惑を掛けなくて済むようにしたいと考えるのが私だけでしょうか?

且つて、PPK(ピンピンコロリ)という言葉がありましたが、眞にその通りだと考えます。

そのために老後を健康に過ごす秘訣などをまとめめてみました。

老後を迎えるご本人も、高齢の親を抱える方達もご参考になれば幸いです。

1.健康のためにできること
老後に健康な体を維持するには、中高年期にバランス良く栄養を摂る食生活を心がけ、老齢に入るまでに体を動かす習慣をつけましょう。


1-1.栄養を摂ること
栄養を摂って筋肉の衰えを防ぐことが、体の内側も外側も健康に保つ秘訣と言えます。
高齢になると、小食になり栄養が偏りがちになります。
栄養素は、ミネラルやビタミンをしっかりと摂りましょう。

食品から摂れない場合はサプリメントを活用したり、健康食品で代用しても良いですし、一回に食べる量は少なくても回数を増やすなど、工夫が必要です。
とにかく栄養を補わなければ人間は体を維持することができません。

1‐2.体を動かすこと
加えて運動も面倒になりますから、知らないうちに体が衰えていき、骨折しやすくなったり、関節が弱って体を支えにくくなったりします。
関節炎や体の痛みなども感じやすくなります。

ウォーキングや室内でのエクササイズなど、心臓に負担がかからない程度に体を柔軟に保っておくことも健康を維持する秘訣です。
汗をかき息苦しくなるほど運動をする必要はなく、あくまで代謝をアップさせる程度で十分です。
無理にランニングや筋力トレーニングをしたり、ジムに通う必要はありません。
若い頃と違って無理のきかない体ですから、無理をせず楽しく体を動かすことが大切です。

1-3.ストレスを溜めないこと
体を動かすことと同時に大切なことが、ストレスを溜め込まないこと。
高齢者は精神が不安定になりやすく、そこからうつなどの心の病気を患ったり、心疾患などの病気にかかりやすくなると言われています。
免疫力を低下させる原因にもなるので、運動やストレッチなどを通して体の循環を上げ、同時にストレスも予防していきましょう。

2.食生活
高齢者の健康を考える際、もっとも重要なものが毎日の食事であると言われています。seesaa226.jpg
中高年期には生活習慣病などを防ぐための低カロリー食が推奨されます。
が、高齢に入ると自然と小食になりがちですが、生活習慣病の予防よりも栄養をまんべんなく摂ることを考えなければなりません。
若い頃のように三食きちんと食べられなくなり、一食抜いてしまったり、朝食と昼食を一緒にしている方もみられますが、ビタミンやミネラルなどをまんべんなく摂ることが健康を維持するポイント。
また、高齢に入ると骨や筋肉が弱るので、毎日のカルシウムの摂取も必要不可欠です。
牛乳やチーズなど、たくさん食べる必要はありませんが、毎日少しずつ口にすることが大切です。

3.運動
高齢に入ると、健康的な体を手に入れようとしてランニングやウォーキングを突然はじめる方がいます。seesaa227.jpg
しかし体が出来ていない状態でいきなり運動を始めるのは心臓に負担がかかるおそれもあり危険です。
筋肉痛や疲労骨折など、さまざまなトラブルも考えられるので、しっかりと柔軟をしたり、筋肉をつけてからの運動をおすすめします。

若い頃とは違って、体に負荷のかかるスポーツを突然はじめるのは無謀な挑戦です。
時間がたくさんあるからといって、若い人と同じように激しいスポーツをすると、翌日にどっと疲れが押し寄せることもあります。

疲れすぎて布団から起き上がれなくなったり、筋肉痛がなかなか治らず家事などに影響する可能性も…。

大切なことは、健康のための運動は細く長く続けることです。
若者には負けまいと、苛酷な運動をして見せるのはあまり意味がありません。
昔から続けていて、大好きなスポーツであっても、肉体は確実に老いています。
自分自身の限界をよく知ってからトライするのが正解です。

ひざ関節のお悩みの方へ皇潤極

「年齢とともに「膝の痛み」があると体を動かさなくなり、膝関節周囲の筋肉が衰え,症状を悪化させるという悪循環になります。
皇潤極に含まれる非変性II型コラーゲンはひざ関節の柔軟性と可動性を助ける機能性表示食品です!


医師が注目する健康食材 「納豆キムチ」

医師が注目する健康食材がバナナです。バナナのカロリーは1本約80kcalほどで、お米などの主食に比べるとかなり低カロリーなのですが、1日に2本はチョット無理かも!?と言う人には、サラサラ成分たっぷり、あの健康食が納豆・キムチが以前から話題になっています。その納豆キムチをサプリメントにしました。


しょうがパワーで夏の疲れを解消できる

【あさイチ】では「しょうが(生姜)」の特集を組んでいましたので関心をもって観ていました。
しょうがには、ダイエット効果があり、夏にも生姜を食べると様々な効果が有り、しょうがパワーで夏の疲れを解消できます。





4.睡眠
高齢になると眠りが浅くなり、夜中や明け方に目が覚めてしまったり、途中で何度も起きるなど、睡眠のトラブルが多くなります。seesaa228.jpg

早くに寝て早くに起きる生活を送っている方が多い反面、睡眠不足に悩まされている方も少なくありません。
若者の睡眠不足とは違い、高齢者の不眠症状は加齢にともなう睡眠の浅さ、寝つきの悪さなどが原因と言われています。

睡眠不足はうつや注意力の低下など、さまざまな身体的リスクをもたらします。
睡眠薬を使って眠りにつく場合、だんだんと睡眠薬の量が増えてくる問題も起こりやすくなります。

逆に不眠を放置して夜眠らないままでいると、心疾患や肥満のリスクを高める可能性があります。
不眠症は高齢者にとって、認知症を発症させる原因にもなると言われています。
不眠状態に陥っている方はふだんの生活を規則正しくし、入眠前にアルコールやコーヒーなどを飲むのを控え、万が一途中で目が覚めてしまっても、二度寝をするなど睡眠不足の解消を心がけましょう。

グッドナイト27000良質な睡眠

睡眠不足は、気分、記憶力低下、さらにはダイエットの効果まで、あらゆることに影響すると言われています。
「寝つきが悪い」「眠りの質がよくない」「寝起きが悪い」といった悩みをサポートする休息サプリメントです。


リラクミン ナイト 朝スッキリ!

ストレスの多い毎日、仕事やパソコンなどを長時間使用した後、頭が休まらないうちに眠ると、なかなか深い眠りに入りにくいといわれます。
疲れをスッキリさせるには、まずは1日の緊張をほぐし、リラックスした状態で深い眠りへ導くのです。


睡眠の質を高めて朝スッキリ

日本人の3人に1人が睡眠に不満を持っています。休息に大切なのは「時間」よりも「質」です。
セロトニンという物質は夜暗くなると休息ホルモンに代わり朝になると休息ホルモンのメラニンを抑制してスッキリ起きられます。





5.歯の健康
8020運動とは
hw02.jpg

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動です。
近年「8020」を達成している高齢者は増加しています。
しかし、高齢者の数が増えていますので、「8020」を達成していない高齢者は依然として多い状況です。

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動です。
「80」は、提唱当時の日本人の平均寿命(平成元年簡易生命表)が男性75.9歳・女性81.8歳でしたので、男女合わせた平均寿命に相当します。
また、人間の一生という時間の流れを象徴した数値でもあり、近年注目を集めているライフコースを視野に入れたアプローチ]と捉えることができます。

現在の平均寿命(平成30年簡易生命表)は、男性81.3歳・女性87.3歳と、「80」を大きく上回るようになりましたので、8020運動は「80」をゴールとする捉え方から、より健康な高齢期を過ごすための運動という意味合いに変化しつつあります。

一方「20」は「自分の歯で食べられる」ために必要な歯の数を意味します。
今までに行われた歯の本数と食品を噛む(咀嚼)能力に関する調査によれば、だいたい20本以上の歯が残っていれば、硬い食品でもほぼ満足に噛めることが科学的に明らかになっています。
図1はその代表的な調査結果で、どの性・年齢層でも自分の歯が20本以上残っている人の咀嚼状況は良好であることがわかります。
図1.歯の本数別にみた「何でもかんで食べることができる」人の割合
hw01.jpg
「8020」の実態
8020運動が開始された当初、「8020」を達成している高齢者(後期高齢者:75歳以上)は10人に1人にも満たない状況でした。
しかしその後「8020」達成者の割合は増加し、最新の全国調査(平成28年歯科疾患実態調査)では、75~84歳の51%が達成してることが示され、今後も増加することが予測されています。

しかし高齢者人口は増え続けていますので、「8020」に達していない高齢者の数は多い状況が続いています。
高齢者の歯の状態は良くなりつつありますが、まだまだ困っている人が多いのが実状なのです。

そうならないためにも、若い内から歯の健康に心掛ける必要があります。
また、笑顔を作るためには歯の白さが際立って見られますので、オーラルケアには気を配りましょう。

ホワイトニング パールクチュール

歯がくすんでいると、平均5歳も老けて見えるんです。あなたの印象はどちらですか?歯の専門家と一緒に、本当にいい商品だと自信をもって言えるものを開発しました。綺麗になりたいあなたを本気で応援します。パールクチュールはここまでこだわっています。


LED付 超高速電動歯ブラシ LEDoc(エルイードッグ)

歯の汚れ、舌の汚れ、口腔衛生が出来ていないということは、歯垢(プラーク)がちゃんと取れずに口の中に残っているからです。正しいオーラルケアで歯垢をしっかり取り除くことで、口角を上げた笑顔がつくれて、好感度アップアップ間違いナシ!その方法とは?


口臭予防歯磨き粉 ブレスマイルクリア

あなたの歯の白さはどれくらい?日本人の平均はシェードガイド15段階で中間レべルで、ややくすみがかっています。芸能人レベルでなくても、白さが際立つために、毎日の歯磨きで笑顔が引き立つ輝く白さが手に入ります。




6.心の健康
自由で健康な老後を過ごすには、体の健康のほかにも心の健康が必要不可欠です。seesaa229.jpg

老後は、毎日が驚くほど自由で時間もあり、どうやって時間を潰そうかと考えはじめます。
する事がない、思いつかないとなると、人の心はだんだんとネガティブになってしまうものです。
ネガティブをこじらせてしまうと、心の健康も損なわれてしまいます。

心の健康を維持するには、ストレスを少なくすることが大切です。
余暇時間の過ごし方もそうですが、人間関係や家族関係を円滑に保つことも心の健康維持につながります。

配偶者との余生の過ごし方や毎日のコミュニケーションも重要な要素です。
老後に心の病を発症することで、体調を崩したり心身の不調が慢性化するケースも多くみられます。

大切なことは、心が沈んできたと思ったらそれを一人で抱え込まないことです。
地域社会への参加や、子供・孫など若い人と関わるのも良いでしょう。
新鮮な体験を通して生きがいを見出すのも、心を健康にし明るくするための方法です。


卵のキユーピーの自信作【卵黄コリン】

レシチンは、卵黄と脳から初めて抽出され、ギリシャ語のLekitos(卵黄)という言葉にちなんでLecithinと名付けられました。
レシチンはリン元気で「いきいき」とした活動的な毎日をサポートし、ストレス社会で活躍する現在人を応援します。


感情の老化対策 北の大地の夢しずく

年齢とともにセロトニンが減少して、心と身体に悪影響が現れてしまいます。
「北の大地の夢のしづく」に含まれるラフマがセロトニンを増やすし、不安やストレスを和らげます。


知的ケア サプリメント 健康の願い

65歳以上の25%が認知の低下がみられ、その原因はプラズマローゲンの減少にあったのです。
知的ケア サプリメント 健康であり続けたい願いを 叶えます。




7.健康を守る方法
老後の健康は毎日の食生活に運動を取り入れ、良質な睡眠に心掛け、ストレスを溜めないことを記載してきました。
若い頃のように食べたものをどんどん代謝してエネルギーに変えることができなくなり、食べたものが明日の健康を左右する可能性もあります。

高齢者が体に必要な栄養素をきちんと摂ることは、子供の成長期と同じくらい重要です。
アミノ酸やコラーゲン、コンドロイチンなど、食品から摂りにくい栄養素もサプリメントや健康食品を使って手軽に摂れるようになりました。

自然の優れた総合栄養食として知られる「ローヤルゼリー」には、
「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」、ローヤルゼリー特有の「デセン酸」など
豊富な栄養素がバランス良く含まれています。


食品では補いきれない必須アミノ酸などの栄養素はドラッグストアや薬局で手軽に購入できるので、無理に食品から摂る必要はありません。
ただし、どうしても食品を口にしておきたい栄養素もあります。

それは、牛乳やチーズなどに含まれるカルシウムと、肉に含まれるたんぱく質です。
また体の循環を正常化するため、「水」を飲む習慣もつけておきたいところです。

8.健康をサポートしてくれるもの
老後の健康を支えてくれるもの、それは「備え」です。
退職してから寿命を迎えるまでの期間は人によって幅がありますが、退職したその日からセカンドライフが始まるのは誰しも同じです。
ファーストライフとセカンドライフの大きく違うところは、加齢によって今までのように自由に動いたり、活動がしにくくなっていくということです。

老後も仕事や趣味をバリバリやっていく!という方でも、若い頃と違って家の中のちょっとした段差がわずらわしく感じたり、思うように体を動かせなくなっていることに気づくかもしれません。

そこで、少しでも健康的に生活がしやすいように、セカンドライフを視野に入れたリフォームや住宅の住み替え、医療保険への加入や介護施設の選択など、あらゆる備えをしておく必要があります。
自分の老後は、どれだけ生きられるかは分かりません。
思ってもみない程長生きする可能性もありますし、自宅が住みづらく、他の住居へ移る可能性もあります。
自分がさらに老いた時のことを考え、早いうちに備えを始めてみませんか?

こちらのサイト『中性脂肪高めは動脈硬化のもと』も参照してください

この記事へのコメント